安田記念も展開はダービーと似るのか?

1番人気はアーモンドアイ、2番人気はダノンプレミアムで間違いないだろう、まるでダービーと同じでロードカナロア産駒にディープインパクト産駒だ。2番枠を引いたアエロリットが大逃げで展開も似た様になると、問題は位置取りになる。前走ヴィクトリアマイルでのアエロリットの逃げは3F33.7、1200m通過タイムが1:07.3とまるでスプリンターSの様なペースで逃げ粘れたとてつもなく速い馬場だ。それを考えると勝てる馬は能力とマイル適正だ。府中のマイル、それも力勝負となると2000mを勝てた馬でマイル実績もある馬となる。

やはりアーモンドアイダノンプレミアムになってしまう、仕方ないだろう。

第3の馬は?アエロリットは前回よりメンバーがかなり強くなると早めに被せられて粘る事は出来ないだろう、となると、やはりキレの有るディープ産駒サングレーザーに魅力を感じる。前走大阪杯はスローな展開に最後方、おまけに最後まで藤岡康のステイフーリッシュとやり合っていた、実際第1コナーで終わっていた、まるで安田記念の叩き台の様なレースだった、休み明け2戦目は2,0,0,1だ。当日気配が良ければ上位2頭へのワイドかダノンプレミアム、アーモンドアイ、サングレーザーの3連単を考えてみたい。

単勝ならダノンプレミアムを買いたい、跳びの大きな走りがモーリスに似ている、ある程度前目に付ける事ができる点、叩き3戦目前走マイルで有る点はアーモンドアイに対してアドバンテージに成るのではないかと。

鳴尾記念2000m
ステイフーリッシュ、大阪杯はスタート直後に挟まれ後方になり、次はサングレーザーとぶつかり合い、最後は追うのを止めていた。多頭数なら色々注文が付きそうだが小頭数で逃げ、番手が武豊のタニノフランケルとブラックスピネルならターゲットになる。武豊は近年、阪神と東京が苦手の様だ、特に今年は阪神がダメだ。メールドグラースは芝で4連勝出来る器とは思えない、芝で3連勝はザラにいるが4連勝以上となるとほぼG1レベルの馬、レーンが乗っても難しいと思っている。