思い出の馬ゴーカイ逝く

去年ゴーカイのお母さんユウミロクが34歳で亡くなり、先日ゴーカイが亡くなった。ゴーカイの兄弟(ユウセンショウ、ユウフホウヨウ等)には本当に稼がせて貰ったが残念ながら牝系は細く中央での血統は途切れた様だ。

特に2001年の中山大障害は記憶に残っている、初の兄弟G1ワンツーフィニッシュ。この日の自分は神がかっていた、中山競馬場で買う馬券買う馬がすべて当たるのだ、他場のレースでも知っている馬がモニターに映ると単勝¥10000と、買えば勝ってしまう、極めつけが中山大障害、馬券は1番人気ゴーカイ、10番人気ユウフホウヨウ、5番人気ミナミノゴージャスのBOXで馬連とワイド。10頭立てでレース後半ななると「どうやらこの4頭に絞られた様だ」、落馬した馬が3頭、かなり離れて3頭、落馬した馬を買った仲間は不貞腐れていたが最終障害手前で自分に「これ来ますよ、来ますよ」と興奮気味、自分にとって余計な馬は2番人気カネトシガバナー1頭、最終障害ここで思わず「転んちゃえ」と叫ぶと本当に落馬してしまった。(普段は絶対言いません)

後は自分の買っている馬が3頭、そして最低人気の弟ユウフホウヨウが勝って兄のゴーカイが2着。結果ズボンの両ポケットに入らない位に・・・
ブロードマインド、ゴーカイが自分を障害好きにしてくれた。

合掌

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です