レッドガラン勝てて良かった、デイリーは???

4/10の厩舎情報では「相変わらず食欲旺盛で馬体重も512キロまで回復」と書いて有ったのに4/13当日の馬体重が498kgでテンション高めはちょっと心配したが強い勝ち方で秋が楽しみになって来た。

自分としては前走500万下勝がどの程度のレベルだったかをチェックしていたが
デイリー土曜日阪神の危険な人気馬レッドガランの名がこんな内容で、
昇級戦でも人気を集めそうだと。一気に突き抜けた前走内容はインパクトがあったが9頭立てのスローペースだった事、出入りがない展開で上がり勝負になった事、キャリアが浅さい事に加えて14頭立てで前走のようにはいかないと。

自分が思うところデビュー戦経験馬相手の18頭立てで勝って、その後も17,17,16頭とずっとフルゲートで戦って来てるしマイル路線中心の速い流れを経験して来ている、前走だけがスローペースだった、そして同開催の1800mレベルで見れば

1/26レッドガラン 1:48.1 上り3F34.3   500万下
ラップ    12.7-24.5-36.2-48.0-60.2-72.2-83.7-95.9-  1:48.1
1/27ボールバンドル1:48.0 上り3F34.3 飛鳥S1600万下 7頭立て
ラップ    12.9‐24.9‐36.9-49.1-61.2-73.2-85.2-96.3-  1:48.0
1/12シャンティローザ  1:48.0  上り3F35.2   1000万下
ラップ    12.8-24.3-36.0-47.7-60.2-72.8-84.3-96.0-  1:48.0
ちなみに2/3同開催きさらぎ賞は1600万下同様のスローペースで1:49.0上り34.8
を考えれば、だ。
裏付けを取らないで感覚で物を言う、特に新聞の調教評価は信用しない。一人の担当が全馬を見て評価するならわかるが、数人の意見で評価を決めること自体無理が有り、出走馬を過去を含めて全部見ている訳が無い。1レース15頭×12R×2日で360頭だ、印を付けているのが信じられない。
今から35年位前に都内で1点予想情報を売っている会社のアルバイトに聞いた事が有った(枠連のみの時代)「1点で当たるんだ?」の問いに「3点で当たらないのに1点で当たる訳が無いでしょ」「それで大丈夫なの?」「一人で留守番してる時〇ヤに怒鳴り込まれた」と。

大体そんなもんでしょう、チャンチャン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です